鼻からの内視鏡検査

 

苦痛が少ない

内視鏡は、鼻にスムーズに挿入できる約5mmの細さです。

検査中の苦痛が少ない ため強い麻酔の必要もありません

吐き気が起きにくい

内視鏡が舌のつけ根を通らす、のどに触れることも

ないので、不快感や吐き気をほとんど感じずに検査

を受けることができます。

会話ができる
検査中も会話が可能で 質問をしたいとき

気分を告げたいときなど、医師

と自由にお話できるので安心です。

 

 

 

先端部約5mmの極細内視鏡
内視鏡は先端部約5mmという細さです。鉛筆と

比べると、どれだけ細いかがお分かりいただけることでしょう。

診断に必要な機能も充実 処置具用の2mmの「胞子□」

備えているので、胃液の吸引 組織採取なども行えます。

観察画像は高画質

細くても観察画像は高画質

超小型CCDを搭載しているため、医師は通常の

内視鏡と同等の高画質で観察が行えます。